30代アンチエイジング若返り法
*
食物繊維の効果

食物繊維の効果

善玉菌のエサになり、便をつくる材料になる食物繊維は、野菜や海藻、きのこ、豆腐などの食品に多く含まれこの食物繊維が腸内環境を整えてくれるのでアンチエイジングに欠かせません。
食物繊維には水に溶ける水溶性と、水に溶けない不溶性の2種類があります。

水溶性のタイプは腸の中で水分を取りこみ、便を出しやすくし、不溶性の食物繊維は便の量を増やして腸のぜん動運動を促し、便が早くでるよう働きかけます。

水溶性の食物繊維は、消化されることなく大腸に届きます。腸内細菌によって分解・発酵される際に酪酸や酢酸などを作り、大腸内を酸性にするのです。
善玉菌にとっては心地よい状態ですが、悪玉菌にとってはイヤなもの。
善玉菌が腸内環境を良い状態に導いてくれるということですね。
善玉菌を増やさないといけないのは、腸内環境と大きく関わりがあるからなのですね。


同ジャンル関連ページ