30代アンチエイジング若返り法
*
正しいノロウイルス対策

正しいノロウイルス対策

ノロウイルスに感染しないためには

ノロウイルスには、ワクチンや抗生物質など有効な治療法がないので、自己防衛が肝心ですね。
予防の基本は、正しい手洗い、食品の加熱、嘔吐物の適切な処理に加え、体内からノロウイルスの感染を予防すること。
そのポイントは以下のようなことです。


①手洗いの流水で30秒以上流し続ける
食事の前やトイレの後の手洗いが大切。石けんで手首から指先まで丁寧にこすり洗いし、30秒以上水道水でしっかり流すこと。
ノロウイルスは、せっけんだけでは殺すことはできないため、十分洗い流すことが重要。
固形石鹸より液体石けんの方が感染リスクは低い。
爪は日頃から短く切っておきましょう。


②食材は十分に加熱処理
ノロウイルスは食材の中心温度を85度以上に保ち1分以上加熱することで不活性化します。
しかし、カキフライなどの揚げ物は加熱しても中心温度が85度まで達しない事が多いので注意!
二枚貝などの食材は中心部が85~90度で90秒の加熱が望ましいとされています。
まな板や調理器具も熱湯消毒も大切ですよ。


③嘔吐物の迅速な処理
嘔吐物からの感染の防止は、迅速な処理が第一。
エプロン、使い捨てマスク、手袋などで完全防備し、ペーパータオルなどで静かに拭き取り、すぐにポリ袋に入れます。
汚染されたものは捨てるのが一番良いのですが、できない場合は熱湯をかけたり、大きな鍋で煮るなど熱処理を。
嘔吐物をきれいに取り除き、その上にタオルを敷いてアイロンで熱を加えたり、タオルの上からドライヤーを当てて熱を加えて乾燥させたり、塩素系の漂白剤での消毒も有効です。


④感染予防成分の摂取
感染防御成分を摂って体内から予防する方法も話題です。
ノロウイルスの腸からの侵入を防ぐことで感染が抑制されたり、発症しても症状が緩和されたりする可能性があります。
体内から感染を抑える「ラクトフェリン」の摂取が注目を集めています。
ラクトフェリンを毎日摂取している人は、週1回程度の人と比べて、嘔吐や下痢などの症状で病院を受診したり、検査でノロウイルスと診断された人の割合が低いという結果もでているほど。
まったくラクトフェリンを摂取していない人はどうなのかわかりますよね。
ノロウイルスに感染しないためにもラクトフェリンの摂取は大切なのだと気がつきます。


同ジャンル関連ページ