30代アンチエイジング若返り法
*
ホルモン補充治療で若返り
ホルモン補充治療で若返り

ホルモン補充治療で若返り

医療の力を借りたアンチエイジングに「ホルモン補充治療」があります。

ホルモンとは、体内の特定の組織から分泌されているもので体内を循環しています。
ホルモンはごく微量ですが、体内の特定の組織に対して変化を与える物質です。
老化の原因のひとつとしてホルモン定価が注目されています。
最近アンチエイジングの方法としてホルモン補充治療が注目されています。

ホルモン補充治療とは、加齢によって減少してしまったホルモンを補う方法で、ホルモン不足によって起こる様々な症状を軽減することを目的としています。
ホルモン検査をして不足しているホルモンを確認し、不足分を注射やクリームやスプレーや経口などで補充します。
ただしホルモン補充治療には副作用があります。
がん発症のリスクが高くなってしまうというものです。
そのためホルモン補充治療を行っている期間は、医師によって定期的にホルモンレベルのチェックと腫瘍マーカーのチェックをしてもらうようにしましょう。

ホルモンにはいくつか種類があります。
女性ホルモン、男性ホルモン、成長ホルモン、甲状性ホルモン、DHEA メラトニンなどがあります。

女性ホルモンが不足するとのぼせやほてり、発汗や不眠、骨粗鬆症、高脂血症、動脈硬化などが起きます。更年期障害がこれにあたります。

男性ホルモンが不足すると疲れる、うつになる、不眠、のぼせ、集中力や記憶力の減退、神経質になる、動悸などが起きます。

成長ホルモンが不足すると体脂肪が増えて、骨密度が減少し、免疫力が低下、毛髪の減少、記憶力の低下、運動能力の低下などが起きます。

甲状性ホルモンが不足すると免疫力の低下、頭痛、疲れ、食欲不振などが起きます。

DHEAが不足すると免疫機能が低下、筋肉の衰え、更年期障害、骨粗鬆症、肥満、痴呆などが起きます。

メラトニンが不足すると睡眠障害、肥満、免疫力低下、発がん率が高くなるなどの症状が起きます。

それぞれホルモンを補充することでこれらの症状を改善することができます。ただし、副作用があることをお忘れなく。


同ジャンル関連ページ