30代アンチエイジング若返り法
*
アンチエイジング検査
アンチエイジング検査

アンチエイジング検査

肌の老化だけではなく人の身体的老化に対しても人それぞれペースが違います。
100歳でも元気に日常生活を送っている人もいますし、60歳でも介護を必要としている人もいます。

老化の危険因子や老化の兆候を知ることができれば、老化速度を変えられます。
老化の危険因子を発見するための検査が「アンチエイジングドッグ」です。

100歳以上になっても痴呆症を発症することなく、介護も必要なく健康的に暮らしている人は筋肉や骨や血管や神経など体の各部位がバランスよく老化しています。
どこか1つだけ偏って老化の速度が速いなどの体の弱点がないのです。
このような結果からアンチエイジングドッグでは、体の各部位がバランスよく老化することが理想的であると結論付けました。

例えば血管だけが老化が進行して硬くなってしまった場合、動脈硬化を発症して心筋梗塞などに進展する危険性があります。
また骨だけが老化して骨量が極端に減ってしまうと、骨折しやすくなって寝たきり状態になる危険性が高くなります。

アンチエイジングドッグの検査では、血管や骨量の検査、筋肉力やホルモン量の検査を行います。
血管の硬さやつまり具合などを調べる血管年齢検査、骨密度を測定する骨年齢検査、体重や体脂肪、筋肉バランス内臓脂肪などを測定します。
男性ホルモンや女性ホルモン、甲状性ホルモンなど採血や唾液からホルモン量を測定します。
他にも毛髪や尿から体内に蓄積している金属量を調べるものやストレスなどを調べる酸化ストレス測定があります。

こうすることで老化が進んでいる弱点となる部分を見つけるのです。
そして弱点を早期発見して改善していくことで老化を遅らせることができ、健康的に歳をとっていく手助けとなるのです。


同ジャンル関連ページ