30代アンチエイジング若返り法
*
アンチエイジングの基本と対策
アンチエイジングの基本と対策
30代アンチエイジング若返り法 > アンチエイジング > アンチエイジングの基本と対策

アンチエイジングの基本と対策

基本的なことですが、外見的なアンチエイジングにとって大切なことは体の隅々にまできちんと栄養が生き届くようにすることです。
見た目にどんなにきれいでどれだけ高価な服を着飾ったとしても、中身がぼろぼろでは見た目から若さは感じられないと思います。

一般的に人々が気になる老化部位、アンチエイジングしたい場所はどこになるのでしょう。
老化が現れる場所は人によって様々なので一番気になる場所はそれぞれ違いますが、一般的にいえば皮膚、白髪、歯のもろさなどがあると思います。
これらを個別に考えて皮膚にはケアする化粧品を、白髪にはトリートメントや白髪染めを歯にはサプリメントをと対応していたらいいのでしょうが時間もかかりそうですね。

アンチエイジングする上で一番大切なことは、血液の老化を予防することです。
血液が老化して体内循環が悪くなってしまうと、肌にも髪の毛にも老化現象が現れてきます。
他にも体に痛みを伴ったりむくみやしびれなどを感じたりすることも症状としてでてきます。
血液循環をよくするためには、体を冷やさないようにすることが大切です。
日頃から冷たい飲み物や食べ物は極力避けて、温かいものを食するようにすることです。夏場でも極力温かいものをとりましょう。

老化予防,に必要なヒアルロン酸を高配合の皇潤などのサプリメントを摂るだけでなく、食べ物からカルシウムを積極的に摂取するようにすることです。

血流をよくするためにオイルマッサージや爪のマッサージをするなどして体の循環をよくします。
このように日常生活から意識して毎日継続して行い、体を変えていくことがもっとも大切なことです。

アンチエイジング対策
ある研究機関が老化の原因について研究をした結果、アンチエイジング対策に必要なものは守るための「抗酸化」と出すための「デトックス」と補給する「ホルモン補充」の3つが重要であることを発表しました。
「抗酸化」というのは、老化の原因とされている活性酸素から身を守るために必要なものです。
活性酸素は体内に入ったウィルスや有害な細菌などをやっつけてくれて体を守ってくれる大切なものです。
しかし過剰摂取すると様々な病気の要因となってしまいます。がんも活性酸素が原因といわれていますよね。

そこで「抗酸化」の出番です。
抗酸化とは、活性酸素を無害なものに変化させる、体内の細胞膜を強くして活性酸素に負けないようにするなどの働きです。
抗酸化物質はコエンザイムQ10やビタミンCやビタミンEやビタミンA、βカロチンやポリフェノールなどがあります。
これらを積極的に摂取することがアンチエイジング対策につながるのです。

「デトックス」というのは、便通をスムーズにして体内の不要物を排出することです。
私たちは食品などに含まれている有害な毒素を知らないうちに体内に取り込んでしまっています。
その中には有害な重金属もあります。
これらの有害な物質は体内にある大切な酵素と結びついて、酵素の働きを妨げます。
それによって体内の新陳代謝が悪くなるので、老化が進み体調不良を起こします。
デトックスの方法には、食事療法やサプリメント摂取、汗をかくなど様々な方法があります。
加齢によってコラーゲン、ヒアルロン酸も減っていきますので、吸収の早いコラーゲンドリンクやヒアルロン酸高配合の皇潤などのサプリメントはおすすめです。

「ホルモン補充」とは、加齢のためホルモンの分泌量は減っていく一方です。
ホルモンが減ると様々な体調不良を引き起こしていきます。
そのため足らなくなってしまったホルモンを補充することによって、アンチエイジングを図れるのです。


同ジャンル関連ページ