30代アンチエイジング若返り法
*
アンチエイジングの食習慣

アンチエイジングの食習慣

アンチエイジングの食習慣として、アンチエイジングに効果のある成分を積極的に摂取することは大切なことです。
そしてアンチエイジングの効果のある食品を効果的に摂取することも大切なことです。
食材選びから調理方法、食べ方、食べる量、回数に至るまですべてにおいて大切なポイントがあります。

食材の選び方
食材はその季節の旬のものを選びます。
旬ということは当然今が一番おいしくて栄養も高いものです。
また産地や生産者などの記載が明確で安心して食べられる食材を選ぶようにしましょうね。
野菜を選ぶときには色にも注目です。よりカラフルに色が濃いものほど栄養価も高くなっています。
加工食品は可能な限り避けてください。
砂糖や塩、油などがたくさん使われていて知らないうちに過度に摂取してしまうことになりますから。

調理方法
水溶性ビタミンを豊富に含んでいる野菜は水で軽く汚れを洗い流して、生で食べるようにします。
水に長時間つけて洗うと、せっかくのビタミンも流れでてしまいます。
脂溶性ビタミンを豊富に含んでいる野菜は油でいためて体への吸収をよくして食べます
ごま油やオリーブオイルなどを少量いれてさっと炒めてください。
魚に含まれているDHAやEPAは焼いたり揚げたりすることで落ちてしまいます。
一番いいのは刺身でそのまま食べるか、煮こごりにして食べるのが魚の栄養分をしっかりと摂ることができます。
二度揚げや二度焼き、二度チンなどはしないように。
何度も加熱することで脂が変質して体に有害な物質になってしまいますから。

よく噛んで食べるようにすることがアンチエイジングにつながります。
噛むという動作によって人間のあごや筋肉が鍛えられます。
フェイスラインを鍛えることになるので顔のたるみ防止にもつながりアンチエイジング効果があります。
よく噛むことで唾液もたくさん出るため消化吸収を助ける働きもあります。

食べるときにはゆっくり一口を少なめにすることもポイントです。
早食いすると脳が満腹だと感じる前に食べてしまうので食べ過ぎになります。
脳もお腹も満足できるようにゆっくりと食べます。
食べる順番も最初は野菜や固めのものを口にするといいです。
最初に脂っこい食べ物や甘いものを食べると、急激に血糖値が上昇してしまうので体によくありません。

アルコールやジュースは高カロリーなので注意して飲むようにしましょう。。
また食べる量も30歳を超えたら腹八分目程度にして、40歳を超えたら腹七分目程度におさえてください。
若いころと同じ量をいつまでも食べていたら太りますよ。メタボリックには注意を。

食事の回数は、1日3回に分けてきちんと食べるようにしましょう。
3回に分けて食事することで成長ホルモンをきちんと分泌します。
1食だけで急激にたくさんの量を食べるとインスリンが分泌するため、膵臓に負担がかかります。
糖尿病の危険性が高まるので注意してください。

しかし、きちんとした食習慣が大切だということがわかっていても、仕事や時間的なことで難しい場合は、補助としてサプリメントを摂ってもよいでしょうしアンチエイジングには役立つのではないでしょうか。


同ジャンル関連ページ