30代アンチエイジング若返り法
*
ポリアミン

ポリアミン

ポリアミンは納豆に含まれている成分で老化防止と動脈硬化予防に効果があります。
ポリアミンのバランスを整えることで体内における濃度を高くして動脈硬化を予防することができます。
そして血管を若く保つことでアンチエイジング効果もかなり期待できます。
納豆にはポリアミン以外にもアンチエイジングに効果のある成分が含まれています。

老化とは高血圧、高脂血症、糖尿病などを始めとする生活習慣病と深く関係しています。
生活習慣病の裏には動脈硬化が潜んでいることがあります。
動脈硬化が起こることで、高血圧などの生活習慣病を発症するのです。
動脈硬化は加齢によって進行していき、老化や病気の原因となります。
老化予防のためにも動脈硬化を抑えることが大切です。

そこで活躍するのが納豆です。
納豆には動脈硬化の主犯格LFA-1を抑制する効果があります。
結果動脈硬化を予防、改善効果を期待することができてアンチエイジングにつながります。

ポリアミンがたくさん含まれている食品を食べて動脈硬化を予防し、アンチエイジングを促進することをポリアミンバランスと呼んでいます。
そしてこのポリアミンバランスこそがアンチエイジングの鍵とされているのです。
アンチエイジングのためには常に若々しい気持ちを持つという精神的要因と食事などに気をつけて体調管理を行うことが大切です。
ポリアミンは健康長寿の鍵も握っています。

納豆に含まれているアンチエイジング効果がある成分はポリアミンの他にもたくさんあります。
納豆には老化防止に役立つ成分がバラエティ豊かに入っています。
老化の大敵、アンチエイジングの邪魔者は活性酸素の存在です。
余分な活性酸素が酸化されることでシワやシミなどの原因となってしまいます。
活性酸素の働きを抑えるために、抗酸化作用のある納豆は最適な食べ物なのです。

納豆のアンチエイジングに効果のある成分は「たんぱく質」です。
人間の体の細胞の主原料がたんぱく質です。皮膚を若く保つには欠かせません。
大豆はとても栄養価が高く豊富にアミノ酸を含んでいます。

次に「ビタミンB2」は、細胞の再生をする働きがあり皮膚や髪や爪を作ってくれます。
美しい肌をいつまでも保つために欠かせない成分です。

次に「ビタミンE」は、皮膚細胞内の水分と油分のバランスをうまくとってくれます。
皮膚の状態を一番いい状態に作り上げてくれる効果があります。
活性酸素の働きを抑える働きもあります。

次に「カリウム」は、細胞が新陳代謝をするときに欠かせない成分です。
カリウムがあることで皮膚細胞が活性化します。

次に「レシチン」は、血流を良くする働きがあるので、皮膚細胞に酸素や栄養素をきちんと届けることができます。

次に「サポニン」は、活性酸素を消す働きがあります。
過酸化脂質の発生も抑える働きがあります。

最後は「イソフラボン」です。
納豆の原料である大豆の主成分と言えば「イソフラボン」です。
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、加齢によって減ってくるホルモンを補充することができるので、更年期の女性は積極的に摂取しましょう。


同ジャンル関連ページ