30代アンチエイジング若返り法
*
アロマ湿布

アロマ湿布

冬は暖かく、夏はひんやり冷たいタオルでするアロマ湿布は、アンチエイジングにとても気持ちがいいです。
肩コリや目の疲れ、足の痛みなど不調なときにこのアロマ湿布をすると、タオルを当てた部分の血行がよくなり、だるさや痛みがやわらぎ、香りにも癒されます。

湿布の効果にエッセンシャルオイルの作用をくわえたものが、アロマ湿布。
方法も簡単で、ボウルにいれたお湯か水にアロマオイルをおとしてタオルを浸し、絞った湿布を痛みやだるさのある所に当てるだけ。

温湿布は、目の疲れ、肩こり、腰痛、生理痛、頭痛、便秘、むくみでつらいときやリフレッシュしたいときにいいですよ。
女性のつらい症状にアロマ湿布は効果があるのです。

冷湿布は、急なトラブル、熱や痛み、炎症、腫れなどをしずめたいときにおススメです。

◆アロマ湿布の方法
1:熱湯か冷水をいれたボウルにエッセンシャルオイルを落とす。
筋肉痛・・・ペパーミント 目の疲れ・・・ラベンダー 肩コリ・・・ローズマリー

2:タオルを、両端を残したままひたす。タオルを短冊状に折っておくと使いやすい。
表面にういたエッセンシャルオイルの油膜をすくうようにタオルにしみ込ませ、絞る。

3:エッセンシャルオイルが直接肌に着かないように、内側にタオルをおり、痛いところに3~5分当てる。湿布中、肌に異常がないかチェックをしましょう。
目や唇などの粘膜や周辺にはアロマ湿布はしないこと。


同ジャンル関連ページ