30代アンチエイジング若返り法
*
30代からは洗顔石鹸でアンチエイジング
30代からは洗顔石鹸でアンチエイジング
30代アンチエイジング若返り法 > 美容と体面のアンチエイジング > 30代からは洗顔石鹸でアンチエイジング

30代からは洗顔石鹸でアンチエイジング

30代になると若い頃よりも肌のハリがなくなったり、シミやくすみができ始めてきます。
これを機にしっかりと洗顔を見直しておかないと、40代・50代となったらさらにシワなど肌の悩みが増えてしまうので、早めにケアしておきましょう!

洗顔石鹸で泡立ちよく洗う

まずは洗顔を見直すことが大切です。洗顔は毎日行うものですから、洗顔の方法を間違っているとドンドン肌にダメージが蓄積されていってしまいますからね。

洗顔のポイントは指でこすらずに泡だけで洗顔をすること。指でゴシゴシ洗ってしまうと、それだけで肌を傷つけてしまうので絶対にやってはいけません。

洗顔石鹸のメリットは泡立ちの良さにあるので、普通の洗顔フォームなどではなかなたたない泡も、洗顔石鹸なら簡単に泡がふっくらと出来上がってしまいます。

あとは洗顔石鹸を顔につけて洗うだけ。くるくると手の平で回転させるように泡を顔になじませていき、その後泡の洗い残しがないようにしっかりと洗いましょう。ここで泡の洗い残しができてしまうと、ニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいますからね。特におでこの髪の毛の付け根部分までしっかりと洗い流しましょう。

ちなみにシャワーを直接顔に当てて洗い流すのはダメですよ!これは肌に余計なダメージを与えてしまい、さらに顔に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、乾燥肌・敏感肌の原因になってしまいますからね。

洗顔石鹸にはピーリング効果のある洗顔石鹸や、泥パックのような効果がある洗顔石鹸、美容成分たっぷりでアンチエイジング効果の高い洗顔石鹸など様々です。なので、自分の肌の悩みに合った洗顔石鹸を選びましょう。アンチエイジングのためだったら美容成分がたっぷり含まれているものがいいですね。

おすすめの洗顔石鹸ランキングサイトはこちら
<<洗顔石鹸ランキング>>

洗顔後の保湿で老け顔を予防

顔が老けて見えるのは肌のたるみやシワなんかもありますが、30代ならくすみなどで顔の印象が暗くなってしまうのが一番多い原因です。
美白化粧品などで顔のトーンを一つ明るくするのもいいですが、まずは洗顔後の保湿をしっかりと見直しましょう。
洗顔後にすぐに化粧水をつけるのは当然ですが、その後保湿クリームなどでふたをするのを忘れてはいけません。
さらに、ただ保湿するだけではなく、美容成分、特にヒト型セラミドなど肌の保湿力を高める成分が含まれているものを使うこと効果的です。
セラミドは年齢と共に減少していくので、化粧水などで定期的に補ってあげることが、若々しい肌を保つ秘訣です。


同ジャンル関連ページ